アフェリエイト ショッピングサイト レベルA

アフェリエイトを使っていろんな商品を紹介するサイトです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | --:-- | トラックバック(-) | コメント(-) |


第134回芥川賞候補作

伊藤たかみ 『ボギー、愛しているか』
絲山秋子 『沖で待つ』
佐川光晴 『銀色の翼』
清水博子 『Vanity』
西村賢太 『どうで死ぬ身の一踊り』
松尾スズキ 『クワイエットルームにようこそ』

クワイエットルームにようこそ
松尾 スズキ
文藝春秋 (2005/12)


松尾 スズキ
1962年、福岡県生まれ。88年劇団「大人計画」を旗揚げ、作・演出・俳優をつとめる。97年『ファンキー!宇宙は見える所までしかない』で第41回岸田戯曲賞受賞。2004年、映画『恋の門』で監督、05年、映画『イン・ザ・プール』で主演をつとめる。文筆業でも特異な才能を発揮し、活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



第134回直木賞候補作

伊坂幸太郎 『死神の精度』
荻原浩 『あの日にドライブ』
恩田陸 『蒲公英草紙』
恒川光太郎 『夜市』
東野圭吾 『容疑者Xの献身』
姫野カオルコ 『ハルカ・エイティ』

死神の精度
死神の精度
posted with amazlet on 06.01.06
伊坂 幸太郎
文藝春秋 (2005/06/28)
売り上げランキング: 981
おすすめ度の平均: 4.41
4 死神の精度
5 最悪ではないこと
5 作者の洒脱なセンスに狂いそう!な本です。


ある時は恋愛小説風に、ある時はロード・ノベル風に…様々なスタイルで語られる、死神の見た6つの人間模様。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
伊坂 幸太郎
1971年、千葉県生まれ。東北大学法学部卒業。2000年、『オーデュポンの祈り』で第5回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞し、作家デビュー。2003年、『重力ピエロ』が直木賞候補となる。2004年、『アヒルと鴨のコインロッカー』で第25回吉川英治文学新人賞、本書収録の『死神の精度』で第57回日本推理作家協会賞短編部門を受賞。若い世代を中心に今もっとも熱い支持をあつめる作家である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

amazon レビュー☆4 romanticslag

まず、タイトルにやられました。
「死神」という重々しい言葉と「精度」というシャープさの組み合わせ。てっきり人生についてとことん議論する作品なのかと思いましたが、内容とのギャップにやられました。
人の生死の分かれ目なんて、こんなもの。その分かれ目に、厳密な基準などあり得ない。死神の精度なんて、所詮はこんなもの。
超自然的な存在である死神が人間を観察するという設定にもやられました。自分が死なないから、生死に執着する必要はない。だから、人間がどうしてこんなに生死にこだわるのかが理解できない。ただ与えられた仕事をするだけ。趣味は音楽。死神が私たちの感覚を理解できないように、私にも死神の価値観は理解できません。たまたま彼も私も音楽が好きなので共通項はありますが、それだけ。
時々、この死神の設定にはあり得ない人間っぽい発言もあったりして、アレ?と首をかしげてしまいますが、それを差っ引いても面白いです。
所詮自分の人生に価値をつけるのは、他の誰でもなく自分なのですから、人から見てみっともなくても、もがきながらでも一生懸命生きた人が勝ち。と、押し付けることなく語りかけるような感じが心地よいです。
死神の精度がアテにならないのなら、一生懸命生きていくしかないのでしょうね。

あの日にドライブ
あの日にドライブ
posted with amazlet on 06.01.06
荻原 浩
光文社 (2005/10/20)
おすすめ度の平均: 4.5
5 最後にモチベーションを高めさせられる
4 またしても、荻原浩のテクニック全開


元エリート銀行員だった牧村伸郎は、上司へのたった一言でキャリアを閉ざされ、自ら退社した。いまはタクシー運転手。公認会計士試験を受けるまでの腰掛のつもりだったが、乗車業務に疲れて帰ってくる毎日では参考書にも埃がたまるばかり。営業ノルマに追いかけられ、気づけば娘や息子と会話が成立しなくなっている。
ある日、たまたま客を降ろしたのが学生時代に住んでいたアパートの近くだった。あの時違う選択をしていたら…。
過去を辿りなおした牧村が見たものとは? 『明日の記憶』著者の最新長編!

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
荻原 浩
1956年生まれ。広告制作会社を経て、97年、『オロロ畑でつかまえて』で「小説すばる新人賞」を受賞しデビュー。軽妙洒脱、上質なユーモアに富んだ文章には定評があり、行間に人生の哀歓が漂う。04年10月刊行の、若年性アルツハイマーを扱った『明日の記憶』で、第18回山本周五郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

レビュー☆5 山口博

「あの時こうしていたら」と何度も主人公は思う。そして、もしかしたら、こんなことが起きるのではないかと夢想する。等身大の、ありのままの、普通の人間の煩悩の、赤裸々な描写が、胸に迫りつまる作品だった。誰もが何度となく味わう感覚を呼び起こさせる。そして、最後には、「こんなことをしていられない」「ポジティブにならねば」と、モチベーションを高めさせられる気分になった。著者の意図はそこにあるのではないか。

蒲公英草紙―常野物語
恩田 陸
集英社 (2005/06)
おすすめ度の平均: 4.22
4 もう一度、常野の人たちに会える!
5 風のように
4 そのものの固有の意義


舞台は20世紀初頭の東北の農村。旧家のお嬢様の話し相手を務める少女・峰子の視点から語られる、不思議な一族の運命。時を超えて人々はめぐり合い、約束は果たされる。切なさと懐かしさが交錯する感動長編。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
恩田 陸
1964年宮城県生まれ。早稲田大学卒。91年の第三回日本ファンタジーノベル大賞最終候補作となった『六番目の小夜子』でデビュー。05年『夜のピクニック』で第二十六回吉川英治文学新人賞、第二回本屋大賞を受賞。ミステリ、ホラー、SF、ファンタジーなどさまざまなジャンルで多彩な創作活動を展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

レビュー☆5 たつぎ

常野一族がいてよかったね、としみじみ思いました。
見つめるだけ、受け止めるだけってでも、しんどいだろうなあ…
自分にできるコトなんだから、やらなければ、って、その悟り方、こわいよ。こわいけど、うん、でも、そうなんだよね、本当に。解っているけれども、難しい生き方を軽々とこなす人々って、すごいと思いました。

夜市
夜市
posted with amazlet on 06.01.06
恒川 光太郎
角川書店 (2005/10/26)
おすすめ度の平均: 4.2
5 和風暗闇叙情幻想譚
5 美しいダークファンタジー
4 売り方に問題あり


選考委員激賞の、第12回日本ホラー小説大賞受賞作
何でも売っている不思議な市場「夜市」。幼いころ夜市に迷い込んだ祐司は、弟と引き換えに「野球選手の才能」を手に入れた。野球部のエースとして成長した祐司だったが、常に罪悪感にさいなまれていた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
恒川 光太郎
1973年東京都生まれ。大学卒業後、様々な職業を経て、現在沖縄県在住。2005年、「夜市」で第12回日本ホラー小説大賞を受賞、デビュー作となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

レビュー☆5 ドクトルg

百鬼夜行の世界に迷い込んだ様子が描かれる。しかし物語が進むにつれて、必ずしも迷い込んだのではなく、必然に導かれていたことが明らかになる。がっちり組まれた虚構性と、描きこまれた叙情的な風景とが確かな小説世界を形作っている。
 「夜市」と「風の古道」とは、似たような世界(この世とあの世の間の世界)を描き、少し重なりを持つ。二つとも、この世の論理を超えても果たしたいと願う妄執の、悲しい帰結を形にしている。表題作よりもむしろ「風の古道」の方が、整合性と広がりを持っているように思う。
 1月5日の今日、本書は18年上半期の直木賞候補となった。東野圭吾や恩田陸などの大人気作家と伍してのノミネートは、このデビュー作への出版界の評価の高さを物語っている。

容疑者Xの献身
容疑者Xの献身
posted with amazlet on 06.01.06
東野 圭吾
文藝春秋 (2005/08/25)
売り上げランキング: 262
おすすめ度の平均: 4.81
5 素晴らしい。一気読み&電車乗り過ごし
5 すごいよ東野!
5 内面にある行動の価値基準


数学だけが生きがいだった男の純愛ミステリ
天才数学者でありながらさえない高校教師に甘んじる石神は愛した女を守るため完全犯罪を目論む。湯川は果たして真実に迫れるか

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
東野 圭吾
1958年、大阪生まれ。大阪府立大学電気工学科卒。エンジニアとして勤務しながら、1985年、「放課後」で第31回江戸川乱歩賞受賞。1999年、「秘密」で第52回日本推理作家協会賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

レビュー☆5 chivarly

正直な話、話題先行だろうと然して期待せずに読み始めました。
期待は見事に裏切られました。無論、良い意味で、であります。
よく考えられたトリック、最後に来ての逆転の発想は推理小説としても勿論、出色の出来。淡白な印象を受ける文章ですが読めば読む程に惹き込まれ、一気に読み切ってしまいました。
ですが何よりも主人公(?)の石神の献身、その無償の愛には驚嘆、感動です。一般的な恋愛小説に於ける下心丸出しの登場人物が何と醜く見える事か。途中、石神の人格を疑ってしまうようなシーン(無論フェイクですが)が挿入される演出も心憎い。
ただ泣けるかと言うと微妙ですね。涙腺の緩さには自信の有る私ですが、泣けませんでした。結びがやや救われないラストですので。

ハルカ・エイティ
ハルカ・エイティ
posted with amazlet on 06.01.06
姫野 カオルコ
文藝春秋 (2005/10/14)
おすすめ度の平均: 5
5 自分らしく生きるということ


大正9年、関西生まれの持丸遥は淡い恋も経験しつつ女学校を卒業。見合い結婚という平凡な人生だったが、戦争が運命を狂わせていく

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
姫野 カオルコ
1958年、滋賀県出身。90年に『ひと呼んでミツコ』で単行本デビュー。主な作品に、直木賞候補作となった『受難』『ツ、イ、ラ、ク』の他、『桃』『ちがうもん』『整形美女』など、作品のテーマごとに文体を変え、ジャンルを超えて作品を発表している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

レビュー☆5 くろじ

80歳代の女性・ハルカの人生を通して、その時々の女性の境遇や、生の庶民の生活がうかがわれ、興味深く読みました。とりわけ、ハルカと、女学生時代の友人たちの生き方、考え方は時代を超え、共感することが多かったです。時代は流れ、私たちの価値観は変わったようにみえて、実はほとんど進歩していないように思えます。そんななか、彼女たちの生き様はとても参考になりました。

スポンサーサイト
2006/01/06(金) | 13:36 | トラックバック:1 | コメント:0 |



トラックバックURL http://oborolva.blog7.fc2.com/tb.php/472-2ba35809

第134回芥川賞直木賞受賞作品と候補作品

第134回芥川賞・直木賞の受賞作品が決まりました。芥川賞は絲山秋子さんの「沖で待つ」(文学界9月号)、直木賞は東野圭吾さんの「容疑者Xの献身」です。 絲山秋子さんは、「イッツ・オンリー・トーク」で第96回(平成15年)文学界新人賞を受賞、「袋小路の....
2006/01/20(金) 23:35:08 | 及川的大人のブログ

コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可

| このページの先頭へ |


フルーツメール
SEO対策検索エンジンe-poketサーチ アクセスアップ・SEO対策 月額263円からのかわいいサーバー!ロリポップ!     清川屋の大玉ラフランス ロンシャン洋菓子店   餃子工房RON

自己紹介

profile_image

NAME : 一八 十夜
今まで使っていた名前オボロですか
一八 十夜(いちはち とうや)に
かえました

相互リンク募集していますコメントの欄に書いてください



■アメブロでブログ開設!

11万人の医師に質問できるQ&Aサイト【AskDoctors】

『お香20種お試しセット』

神戸の隠れた名店・スイーツが集結!!

ファッション通販はイマージュ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログExchange
trexlogo8831
もっとアクセスUP
Shop.TOL
by TSUTAYA online
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
234×60パープル 自動更新_オリジナルズ_ジェント Sony Styleロゴ_234_60 アニメーション234*60 TSUTAYA online イーエストイズ Top234x60バナー
ブログ(blog)ならFC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。